ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

アニメ

かがみの孤城つまらないと言われる理由と原因を考察してわかったこと

更新日:

この作品は、興行収入10億を記録するヒット作でありながら、「つまらない」「怖い」「辛い」といった声が上がっていることが特徴的です。

原作の持つ深いテーマ性や心理描写、繊細な人間関係をどのように映像化したのか、キャストの起用や見どころ、そして話題性について徹底的に分析し、なぜ「つまらない」と感じる声が挙がるのか、具体的に指摘していきます。

スポーサーリンク

かがみの孤城つまらないと言われる理由

アニメ「かがみの孤城」における引きこもりの主人公が仲良くできるという話の流れに、違和感を感じました。

引きこもりの主人公が一転して周囲との関係を改善する展開は、一見素晴らしいように思えますが、その過程や理由について詳細が描かれなかったことが、私にとっては物語に深みを感じさせませんでした。

引きこもりの主人公がなぜ嫌われていたのか、その理由が明確に示されていなかった点が、私の感想の一つです。このようなキャラクターの変化を描く際には、主人公がなぜ嫌われる存在だったのか、その背景や過去の出来事をきちんと描くことが重要です。嫌われる理由が示されないまま、突然仲間たちとの関係が良好になる展開は、視聴者にとっては説得力に欠けてしまいます。

特に、引きこもりの主人公が仲良くなるためのプロセスも詳細に描かれていなかったため、展開が急すぎると感じました。

人間関係の構築や修復は時間と努力が必要であり、それが物語にも反映されるべきです。主人公が自己啓発や成長を遂げる過程、または他のキャラクターとの交流や対話の場面が描かれていれば、より納得感を持って物語を楽しむことができたでしょう。

スポーサーリンク

かがみの孤城つまらないと言われる理由1: 展開の読みやすさと細部の描写不足

「かがみの孤城」の映画は、原作の持つ複雑な心理描写や伏線の巧みな回収を映像化する過程で、必然的に細部の描写が省略され、ストーリーの展開が読みやすくなってしまった点が、つまらないと感じる一因です。

例えば、原作では読者が自身の想像力を働かせることで、キャラクターたちの心の動きや背景が豊かに描かれていますが、映画ではこれらの細やかな心理描写が表現しきれていないため、物語に深みが欠けて感じられます。

「原作を読んだことがある人には物足りない」との声が挙がるのも、この点に原因があると考えられます。

過去の成功作では、たとえば「君の名は。」のように、細かな心理描写とストーリーの展開が見事に融合していたのに対し、「かがみの孤城」ではそのバランスが取れていないと感じられたのです。

かがみの孤城作者は死亡?作者が伝えたいことを深く考察してみてわかったこと

スポーサーリンク

かがみの孤城つまらないと言われる理由2: 声優の選定と演技力

「かがみの孤城」の映画における声優の選定についても、つまらないと感じる要因の一つです。

豪華なキャストが起用されているにも関わらず、「声優さんがイマイチ」という声が挙がっています。特に、俳優やタレントが声優を務めることで、キャラクターへの没入感が損なわれ、演技に違和感を覚える観客が多かったようです。

例えば、キャラクター「オオカミさま」を演じた芦田愛菜さんは素晴らしい演技を見せましたが、一部のキャラクターに対しては、プロの声優による演技と比較して、感情の起伏が表現しきれていないと感じられた場面がありました。

この点は、例えば「約束のネバーランド」のアニメ化で見られた、プロの声優による深みのある演技との明確な差異として挙げられます。

スポーサーリンク

かがみの孤城つまらないと言われる理由3: リアルすぎる描写の取り扱い

最後に、「リアルすぎる描写が怖い」という点も、「かがみの孤城」がつまらないと感じられる理由の一つです。

原作の魅力は、現実世界で起こりうる悩みや苦しみをリアルに描き出しながらも、読者に希望を与えるメッセージが込められている点にあります。

しかし、映画化する過程で、これらのリアルな描写が強調されすぎた結果、観る人によっては過度に重苦しく感じられ、本来のメッセージが伝わりにくくなってしまったと考えられます。

例えば、「この世界の片隅に」では戦時下のリアルな生活が描かれながらも、主人公の前向きな姿勢が観る者に勇気を与えましたが、「かがみの孤城」ではそのバランスが取れていなかったのではないでしょうか。

スポーサーリンク

かがみの孤城つまらないと言われる理由4: 劇伴とシーンのミスマッチ

「かがみの孤城」の映画における劇伴とシーンのミスマッチは、視聴者が物語に没入することを妨げる大きな要因となっています。

例えば、劇中の感動的なはずのシーンで流れる音楽が、場面の雰囲気と合っておらず、むしろその瞬間の感情を中断させてしまう場合がありました。「劇伴が合っていない」という批評は、音楽が物語の感情を高めるべきポイントで逆効果に働いてしまったことを示しています。

この問題は、過去に成功したアニメ映画では、例えば「千と千尋の神隠し」のように、劇伴がシーンと完璧に融合し、物語の雰囲気をさらに豊かにしていた事例とは対照的です。

音楽と映像の調和が取れていないため、視聴者がストーリーに深く感情移入する機会が失われてしまったと言えるでしょう。

かがみの孤城つまらないと言われる理由5: キャラクターの深掘り不足

「かがみの孤城」の映画では、原作におけるキャラクターの心理的な深掘りが不十分であるため、登場人物たちに感情移入しにくいという問題があります。

原作では各キャラクターの背景や心の葛藤が丁寧に描かれているため、読者は彼らの行動や感情に深く共感することができます。しかし、映画版では時間の制約上、これらの細やかな描写が削がれ、結果としてキャラクターたちの動機や感情の変化が表面的に感じられる場面が多くなってしまいました。

「キャラクターに感情移入できない」との批評は、このようなキャラクター描写の欠如が原因です。

過去に「涼宮ハルヒの消失」などのアニメ映画では、限られた時間の中でもキャラクターの内面を深く掘り下げることに成功していましたが、「かがみの孤城」ではその点で物足りなさを感じさせたと言えます。

かがみの孤城つまらないと言われる理由6: 物語のペース配分の問題

「かがみの孤城」の映画における物語のペース配分に問題があるため、視聴者がストーリーに没入しにくいという点が、つまらないと感じられる一因です。

具体的には、序盤の物語が遅めに展開され、後半にかけて急激に加速することで、重要な情報や感情の変化が十分に伝わらない場合がありました。「序盤はのんびり展開されていくのに対して、後半は急ピッチで話が進んでいく」という批評は、この不均衡なペース配分が原因で、物語のクライマックスや解決部分において、感動やサスペンスが薄れてしまうことを指摘しています。

これは、例えば「時をかける少女」のように、物語全体を通して一貫したペースで展開し、最後まで視聴者を引きつける作品との明らかな対照をなしています。

かがみの孤城つまらないと言われる理由7: 視覚的な演出の乏しさ

最後に、「かがみの孤城」の映画では、視覚的な演出が乏しいため、原作の持つ豊かなイメージや感情が十分に伝わらないという問題があります。

原作において読者が想像することによって豊かになるシーンや背景が、映画では平板な描写に留まってしまい、物語の魅力が半減してしまっています。

「映像化をするべきではなかった作品」という声も、この視覚的な演出の乏しさに起因しています。

例えば、「風立ちぬ」では宮崎駿監督の独特な視覚表現が物語の感動を深めましたが、「かがみの孤城」ではそのような映像による感情移入の契機が不足していたと言えるでしょう。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-アニメ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.