ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

ドラマ

どうする家康つまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由

投稿日:

NHK大河ドラマ第62作『どうする家康』は、松本潤主演で徳川家康の生涯を新たな視点から描いた作品ですが、残念ながら一部の視聴者からはその魅力を十分に感じられないという声が上がっています。本記事では、『どうする家康』が「つまらなすぎる・つまらなそう」と言われる理由を7つ挙げ、それぞれについて詳しく掘り下げていきます。歴史ドラマとしての枠組みを超えることができず、キャラクターの描写やストーリー展開、重要な場面での盛り上がり不足など、ドラマの魅力を損なう要因を探ります。

スポーサーリンク

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由1: 伝統的な大河ドラマの枠を超えない展開

NHK大河ドラマ第62作『どうする家康』は、徳川家康の生涯を描いていますが、そのストーリーテリングが伝統的な大河ドラマの枠組みを超えていないとの声が上がっています。主演の松本潤をはじめとする豪華キャストが期待を集めましたが、物語の進行は既存の歴史ドラマにおける典型的な展開を踏襲しており、新鮮味に欠けると感じる視聴者も少なくありません。特に、家康の若年期から成長過程を丁寧に描きつつも、歴史的事実に忠実すぎるあまり、ドラマとしての面白さや斬新さが不足しているという指摘があります。このように、伝統的な大河ドラマの枠を超えることができない展開が、ドラマの魅力を損ねている一因となっているようです。

スポーサーリンク

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由2: キャラクター描写の平板さ

『どうする家康』において、登場するキャラクターたちの描写が平板であるという批判もあります。家康をはじめとする歴史上の重要人物たちが登場するにもかかわらず、彼らの内面や葛藤が深く掘り下げられていないように見受けられます。キャラクターたちの心情や動機が表面的にしか描かれておらず、視聴者が感情移入することが困難な場面が多々あります。また、キャストの演技力にもかかわらず、キャラクターそれぞれの個性や魅力が十分に発揮されていないことも、ドラマの魅力を損なう要因となっています。このようにキャラクターの深層に迫ることができない平板な描写は、物語に厚みを持たせることができず、ドラマの面白さを引き下げていると言えます。

スポーサーリンク

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由3: 革新的な演出の不足

大河ドラマ『どうする家康』における演出についても、革新的な要素が不足しているとの声が聞かれます。バーチャルプロダクションの導入など、技術面では新しい試みがなされているものの、物語の伝え方やシーンの展開においては、従来の大河ドラマと大きな違いが見られないという意見があります。特に、歴史的背景や時代の流れを視覚的に表現する試みが限定的であり、ドラマとしての新鮮さや見どころが不足していると感じられています。また、歴史上の重要な出来事や戦いのシーンでも、視覚的な迫力や感動を引き出す演出が足りないと指摘されています。このように、革新的な演出が不足していることが、ドラマの全体的な魅力を低減させていると言えるでしょう。

スポーサーリンク

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由4: 歴史的事実の繰り返し

『どうする家康』では、徳川家康の生涯を描いていますが、歴史的事実の単なる繰り返しに終始しているという批判があります。大河ドラマの魅力の一つは、歴史に名を残す人物の知られざる一面や深層心理を探ることにありますが、本作ではそれが不足していると感じられます。家康の政治的な戦略や武将としての決断は詳細に描かれていますが、彼の個性や人間性に深く迫ることができていないため、視聴者に新たな発見や感動を与えることが難しいのです。このように、歴史的事実の繰り返しに留まる内容は、ドラマとしての深みや独自性を欠き、視聴者の期待を満たせていないと言えます。

スポーサーリンク

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由5: 重要な場面での盛り上がり不足

『どうする家康』は、家康の生涯という重大な歴史的テーマを扱っているにも関わらず、重要な場面での盛り上がりが不足していると言われています。たとえば、家康が独立を決意するシーンや重要な戦いの場面でも、緊張感やドラマチックな要素が十分に表現されていないため、視聴者を引き込むことができていません。大河ドラマでは、歴史上の決定的な瞬間をどのように描くかが重要ですが、本作ではそれらの瞬間が平穏に過ぎてしまい、物語のクライマックスとしての役割を果たせていないのです。

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由6: 登場人物間の関係性の弱さ

また、『どうする家康』では登場人物間の関係性の構築が弱いという点も、ドラマの魅力を損ねている要因の一つです。家康を取り巻く家臣やライバル武将たちとの間の複雑な人間関係は、ドラマの重要な要素ですが、本作ではこれらの関係性が十分に掘り下げられていません。人物間の対立や信頼関係の構築など、ドラマティックな要素が不足しているため、物語の奥行きが感じられず、視聴者がストーリーに感情移入することが難しいのです。

『どうする家康』がつまらなすぎる・つまらなそうと言われる理由7: インパクトのあるエピソードの不足

最後に、『どうする家康』では、物語にインパクトを与えるエピソードが不足しているとの指摘もあります。大河ドラマでは、印象的なエピソードや感動的なシーンが視聴者の記憶に残ることが重要ですが、本作ではそれらのシーンが少なく、全体的に印象が薄いと感じる視聴者が多いようです。特に、家康の人生における重要な転機や心情の変化を描く場面で、視聴者の心を打つような強烈な印象を残すことができていないため、物語全体としての魅力が低下しています。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.