ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

アニメ

プリンセスと魔法のキスが名作でありながら人気がない理由

更新日:

『プリンセスと魔法のキス』は、ディズニーの長編アニメーション作品の中でも特別な存在です。この映画は、2009年に米国で、2010年に日本で公開されました。『ムーラン』以降、久々のプリンセス映画として注目を集めた作品で、主人公はディズニー初の黒人プリンセス、ティアナです。この映画は手描きの2Dアニメーションで製作され、アフリカ系アメリカ人のプリンセスが主人公という新しい試みを含んでいました。しかし、他のディズニー作品と比べると、『プリンセスと魔法のキス』の知名度は低めです。その理由には、いくつかの要素が考えられます。

スポーサーリンク

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由①:プリンセスの容姿

ティアナはディズニー初の黒人プリンセスであるため、日本の子供たちにとっては馴染みの薄い容姿をしています。日本では、一般的に西洋のお姫様イメージが人気で、色白で明るい髪のキャラクターが多く見られます。そのため、ティアナのようなキャラクターに対する親しみやすさが少なかったのかもしれません。

この映画の大半で、ティアナと王子はカエルの姿になっています。一般的に、プリンセス映画のファンは美しいお姫様に憧れ、その美しい姿を楽しみにしています。しかし、『プリンセスと魔法のキス』では、主要な部分でカエルとして描かれているため、従来のプリンセス映画の魅力が薄れてしまった可能性があります。

スポーサーリンク

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由②カエルが好きではない

カエルが苦手という人も少なくないでしょう。そのため、カエルを主要なキャラクターとするストーリーには自然と敬遠されがちです。特に、子供向けの映画としては、カエルが中心の物語は一部の視聴者にとって魅力的ではないかもしれません。

スポーサーリンク

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由③タイトル

『プリンセスと魔法のキス』というタイトルは、明らかに少女向けのファンタジーを想起させます。ディズニー映画は普遍的な魅力を持つものが多いですが、この映画のタイトルは、特に男性視聴者にとってはあまり魅力的に映らなかったかもしれません。

スポーサーリンク

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由④絵のタッチ

この映画は、CG技術ではなく手描きの2Dアニメーションで制作されました。ディズニー映画がCG化する中で、この伝統的な手法は一部の視聴者には古臭く感じられた可能性があります。特に、ピクサー作品のようなCGアニメーションに慣れ親しんだ視聴者にとっては、このスタイルの違いが影響を与えたかもしれません。

スポーサーリンク

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由⑤原作の知名度

原作となる『カエルになったお姫様』は、日本ではあまり知られていない作品です。ディズニー映画の多くが、既に有名な物語やキャラクターを基にしているため、この映画の原作の知名度の低さは、映画の人気にも影響を与えた可能性があります。

『プリンセスと魔法のキス』の舞台は、アメリカ合衆国ルイジアナ州のニューオリンズですが、日本の視聴者には馴染みが薄い地域です。舞台が視聴者にとって馴染み深い場所であれば、作品への興味を引き出す要素となる可能性がありますが、この映画の場合はそうではなかったようです。

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由⑥舞台設定のニューオーリンズ

舞台設定も『プリンセスと魔法のキス』の独特な要素です。アメリカ南部のニューオーリンズは、ジャズの発祥地として知られる魅力的な都市ですが、その知名度や文化的背景は日本ではそれほど高くありません。このように特定の地域色が強い舞台は、広い視聴者層にとってはなじみにくいものとなり、作品の人気に影響を与えたかもしれません。

ニューオーリンズを舞台にしているため、映画ではジャズ音楽が重要な役割を果たします。ティアナは「ジャズを歌うプリンセス」として描かれていますが、このジャズ音楽は従来のディズニー映画の音楽スタイルとは異なります。ディズニー映画の音楽は作品の人気を大きく左右する要素ですが、ジャズはディズニーの伝統的な音楽スタイルとは異なり、一部の視聴者にはなじみにくいかもしれません。

『プリンセスと魔法のキス』人気がない理由⑥声優

日本でのディズニー映画の吹き替え版には、しばしば有名人が起用されますが、『プリンセスと魔法のキス』ではそのようなキャスティングは行われませんでした。有名人の起用は話題性を生み出す要素となりえますが、この映画ではその効果を得られなかったことも、人気が出なかった一因と考えられます。

このように、『プリンセスと魔法のキス』の人気が低い理由は多岐にわたります。しかし、これらの要因を理解することで、映画の隠れた魅力を再評価する機会が生まれるかもしれません。内容自体は非常に面白く、見る価値のある作品です。この映画がもっと多くの人に認識され、評価されることを願っています。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-アニメ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.