ドラマ

推しが上司になりましてドラマ化はいつから?放送地域・日時・あらすじ・キャスト相関図・ロケ地・視聴率・つまらない

投稿日:

ドラマNEXT「推しが上司になりまして」は、元℃-uteのメンバーである鈴木愛理が主演し、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と共演することで注目されています。以下に再度、ドラマの概要とキャストをまとめてみましょう。

スポーサーリンク

推しが上司になりましてドラマ概要

  • ドラマのタイトル: 推しが上司になりまして
  • 放送局: テレビ東京
  • 放送日時: 毎週水曜深夜24:30~(2023年10月4日から放送)
  • 独占先行配信: U-NEXT(2023年9月27日から)

推しが上司になりましてあらすじ

  • 中条瞳(鈴木愛理)は、29歳の仕事バリバリ系の会社員で、舞台俳優・桐生斗真(片寄涼太)が最推しのアイドルでした。しかし、突然、桐生斗真が舞台俳優としての引退を発表し、中条瞳は深い悲しみに包まれます。
  • ある日、中条瞳の勤める会社に、彼女の最推しである桐生斗真が上司として現れることになります。彼は会社の御曹司だったのです。この出来事により、瞳は舞台俳優としての「推し」が自分の上司になるという夢のようなシチュエーションに直面します。
  • 瞳は推しが目の前にいることに興奮しつつも、現実を受け入れることが難しく、とんでもない行動に出てしまうこともあります。修一(桐生斗真)は、瞳の態度に興味を持ち、物語が展開していきます。
スポーサーリンク

推しが上司になりましてキャスト・相関図・登場人物

  1. 中条瞳役 - 鈴木愛理:
    • 中条瞳は、29歳の会社員で、舞台俳優・桐生斗真が最推しのアイドルである。彼女は舞台俳優に対する熱烈なファンであり、彼の引退に大きなショックを受けます。鈴木愛理が演じることで、彼女の悲しみや瞳の内面の葛藤がドラマで表現されます。
  2. 桐生斗真 / 高城修一役 - 片寄涼太 (GENERATIONS from EXILE TRIBE):
    • 桐生斗真は、瞳の最推しの舞台俳優であり、同時に彼女の上司である高城修一です。斗真は男らしい芯の通った部分を持ち、自身の仕事に真摯に取り組みます。片寄涼太はこの二重役を演じ、彼の登場によって物語が展開されます。
  3. 倉吉素子役 - ゆりやんレトリィバァ:
    • 倉吉素子は瞳の親友で、彼女と共に様々な場面で瞳をサポートします。ゆりやんレトリィバァが演じることで、コミカルな要素が加わります。
  4. 桜木和樹役 - 高野洸:
    • 桜木和樹は舞台俳優で、高城修一(桐生斗真)の後輩として登場します。高野洸が演じることで、舞台俳優たちの関係が物語に影響を与えます。
  5. 中村和馬役 - 渡辺佑太朗:
    • 中村和馬は新規事業イベント推進部の社員で、瞳が勤務する会社での同僚です。渡辺佑太朗が演じることで、職場内のドラマが展開されます。
  6. 真島明日香役 - 稲田美紀(紅しょうが):
    • 真島明日香も新規事業イベント推進部の社員で、同僚の一人です。稲田美紀(紅しょうが)が演じ、職場の雰囲気に影響を与えます。
  7. 藤井元久役 - カルマ:
    • 藤井元久も新規事業イベント推進部の社員の一員で、彼も職場での出来事に関与します。カルマが演じることで、登場人物たちの関係が複雑に絡み合います。
  8. 青木玲奈役 - 福田愛依:
    • 青木玲奈も新規事業イベント推進部の社員として登場し、瞳と共に仕事をしています。福田愛依が演じ、職場での出来事に関与します。
  9. 木山慶介役 - 徳重聡:
    • 木山慶介は本部長で、瞳と修一の上司です。徳重聡が演じ、職場内のリーダーシップを担います。

これらのキャストがドラマ「推しが上司になりまして」のストーリーを豊かに演じ、瞳と修一の関係や職場でのドラマが進展していきます。

推しが上司になりまして原作・脚本

原作情報:

  • 原作漫画: このドラマの原作は、漫画家の森永いと(いと森永)による同名の漫画です。漫画の原作は東ゆきによるものです。
  • ストーリー: 原作漫画のストーリーは、舞台観劇が生きがいの会社員である中条瞳が、最も推している舞台俳優である桐生斗真が突然引退する出来事から始まります。しかしある日、彼女の推しである桐生斗真が、彼女が働く会社の上司である高城修一として現れます。主人公の瞳が鈴木愛理によって演じられ、推し俳優の斗真と上司の修一は片寄涼太によって演じられます。
  • 漫画連載: 原作漫画は、現在も連載中であり、様々な電子書店で読むことができます。
スポーサーリンク

推しが上司になりましてロケ地・撮影場所

  1. 大手町パークビル: 「TKGカンパニー」のオフィスの外観として使用されました。東京都千代田区の大手町に位置しています。
  2. 丸の内パークビル: 同じく「TKGカンパニー」のオフィス内のシーンが撮影されました。こちらも東京都千代田区に位置しています。
  3. SEA FORT SQUARE(シーフォートスクエア): 第2話で修一と瞳が視察に行ったショッピングモールの外観。東京都品川区にあります。
  4. 大手町ビルスカイラボ: 瞳と素子が話していた屋上のシーンがここで撮影されました。東京都千代田区の大手町に位置します。
  5. SKIPシティ(彩の国ビジュアルプラザ): 舞台「迷宮騎士」を見に行ったホールの外観がここで撮影されました。埼玉県川口市にあります。
  6. プリモホール「ゆとろぎ」: 舞台「迷宮騎士」の舞台シーンがここで撮影されました。東京都羽村市に位置します。
  7. カラオケ館: 瞳がヲタ友とカラオケで盛り上がるシーンの撮影が行われた場所です。詳細は不明ですが、カラオケ館内での撮影が行われました。

撮影目撃情報:

  • 品川駅:港南口近くでの撮影が目撃されました。
  • 新橋駅:新橋の街中での撮影が目撃されました。特に新橋駅前での撮影が行われたようです。

これらのロケ地や撮影情報がドラマの舞台やシーンにリアリティを与え、視聴者により一層物語に引き込まれる要素となっています。新たな情報が入手され次第、追加の更新が行われる可能性があります。

  • この記事を書いた人

管理者コルトナ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© テレビドラマ考察白書2023 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.