日曜劇場VIVANTはどんなドラマ?あらすじを紹介

「日曜劇場VIVANT」:第1話のあらすじ

物語は、主人公である乃木(堺雅人演じる)が新しい事業を始めるために送金を行う場面から始まります。しかし、送金金額が誤って増加してしまい、1000万ドルのはずが1億ドルになってしまう誤送金が発生します。この誤送金の原因が分からず、乃木は無実の疑いをかけられ、犯人と思われてしまいます。

誤送金が行われた際、送金時間にPCを触っていた人物が乃木だったため、彼が犯人と疑われてしまいます。防犯カメラの映像を確認すると、乃木がPCに触れている様子が捉えられており、濡れ衣を着せられることとなります。乃木は誤送金の理由もわからず、状況を受け入れながら回収作業を命じられます。

乃木は、もう一人の自分と会話する二重人格のような状態で、友人のCIAに助けを求めます。CIAの友人の情報により、誤送金された金額がトラックで運び出されていることが判明します。しかし、トラックがダミーであることも分かり、状況は複雑化していきます。

この手口はテロリストが使用する手法であることが示唆され、乃木はテロリスト組織についての情報を得るために動きます。乃木はCIAの友人の協力を得て、組織の指導者を特定しようとします。その過程で、乃木は砂漠に取り残される緊迫した状況に陥ります。

乃木はもう一人の自分とともに努力し、目的地に向かう途中でさまざまな困難に立ち向かいます。逃走、警察との対決、そしてテロ組織の陰謀が明らかになる中で、物語は進行していきます。しかし、乃木と彼の仲間たちは徐々にVIVANT(ヴィヴィアン)という謎の組織についての繋がりを見つけ始めます。

物語は乃木たちの苦闘と逃走劇が続きながら、VIVANTの正体とその組織が持つ脅威が次第に明らかになっていく展開が予想されます。

「日曜劇場VIVANT」:第2話のあらすじ

日本大使館に保護された乃木と薫は、引き渡しを交渉されるものの、日本大使が断ることで安堵します。乃木と薫は話し合いを進める中で、乃木が誤送金事件に巻き込まれた経緯を明かします。野崎は、誤送金の背後にいる人物が組織内にいる可能性を指摘し、帰国を提案します。

乃木は「テント」という組織が事件に関与していることを野崎に伝えます。乃木はテントに巻き込まれた過去を告白し、組織の中に内通者がいるかもしれないとの疑念を抱きます。帰国の準備を進める一方で、薫も日本へ戻ることを決断します。

VIVANTの意味について考える3人は、その言葉がローマ字で「beppan」と発音されることから、モンゴルの言葉で「別班」という秘密組織を指している可能性を示唆します。

大使館の通路を使って国境へ向かう途中、乃木たちは日本大使の裏切りに遭い、待ち伏せされてしまいます。野崎は大使館の通路を引き返すよう提案し、危機を回避します。

ジャミーンを救出するため、乃木たちはバルと共に逃亡作戦を実行します。しかし、ジャミーンの家族の状況に焦りを感じた乃木と野崎は対立し、その過程で薫の意外な過去が明らかになります。

逃亡の過程で乃木と仲間たちは死の砂漠と呼ばれる危険地帯を通ることを余儀なくされます。その途中でさまざまな困難に直面し、薫が行方不明となる状況が生じます。

第3話では、これらの展開がどのように進展していくのか、さらなる興味深い展開が待ち受けています。

「日曜劇場VIVANT」:第3話のあらすじ

砂漠を横断し、薫を探し回った乃木、野崎、ドラムの3人は薫が消息を絶っていることに気づきます。しかし、8時間以内に薫を見つけるという条件を乃木が立て、薫を探す旅に出ます。乃木は絶望的な状況の中で薫を見つけ出し、野崎のもとへと戻ります。

薫と共に再びモンゴルの国境にたどり着いた乃木は、バルカ共和国の警察に逮捕されます。しかし、モンゴル国境警備隊の支援により、乃木たちは逮捕を免れ、再び自由の身となります。

乃木と野崎は日本へ帰還し、3人で再会します。飛行機の中で、野崎はご送金の犯人の可能性について乃木に話します。その中で、会社の関係者5人のうち、犯人の可能性がある者を洗い出して監視する計画を進行させていました。

会社に戻った乃木は、役員たちと共に状況を話し合いますが、乃木の話は詳細で、事件の全容を知っているかのような様子を見せます。その後、乃木と野崎は情報システム部の元課長である山本の協力を得て、丸菱商事のサーバールームに潜入する作戦を立てます。

乃木がサーバールームに潜入し、データを取得することに成功すると、そのデータを解析した結果、ご送金のアクセス元が経理部の太田であることが判明します。太田を確保するため、野崎は公安の協力を仰ぎ、物語は更なる展開を見せることとなります。

「日曜劇場VIVANT」:第4話のあらすじ

第4話では、物語が大きく進展します。

経理部の太田が原のデスクにサイバー攻撃を仕掛けた証拠が明らかになり、野崎率いる公安は太田の逮捕に踏み切ります。太田の自宅への訪問で、彼の行動が友人との外出であったことが分かります。家宅捜索の際、太田の自宅には大量の破壊されたHDDやSSDの破片が見つかります。

破片の解析によって、サイバーハッカー「blue waker」と呼ばれる世界的に有名な女性ハッカーが関与していることが判明します。彼女の所在を特定するため、公安は連絡網情報を元に神社へおびき寄せようと試みます。しかしそこに現れたのは、丸菱商事の長野専務でした。

長野専務は公安に連行され、事情聴取を受けます。公安は彼の経歴に疑念を抱いており、特に防衛大学時代の2年間に何をしていたのかを追求します。野崎は長野専務が別班の訓練を受けていたのではないかと示唆しますが、長野は病気療養のため2年間病院で過ごしたと主張します。

一方、乃木と野崎は山本が戦闘服姿で写った写真を見て、彼がテントの関与者であることに気付きます。山本がテントの関与を調査中、公安は山本を利用して太田の生存をほのめかすことで彼を動かそうとします。山本が動く様子を尾行する中で、彼の共犯者である黒須が現れ、太田の監禁現場を突き止めようと試みます。

黒須が現れたことで、山本の計画が判明し、太田はネパールへ逃亡しようとしていました。しかし、黒須は実は別班の協力者であり、太田は拷問を受けることとなります。そして、乃木の二重人格である「F」という別の人物が明らかになり、Fと黒須は別班に所属していたことが判明します。

乃木(F)と黒須は山本からテントの情報を引き出し、バルカ共和国のテロ計画を突き止めます。しかし、テントのボスや決行日は山本から分からず、彼らは山本を暗殺してその場を後にします。一方、野崎は太田の救出に成功し、物語は新たな展開を迎えることとなります。

次回は、野崎が乃木の正体に迫る展開が待っています。乃木が自らを「VIVANT」と名乗り、日本の国家のために戦っていた過去が明らかになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました