ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

ドラマ

軍港の子 ~よこすかクリーニング1946~あらすじ・キャスト・相関図・登場人物・放送日

更新日:

戦後の神奈川県横須賀は、米軍の駐留によりアメリカの意向に左右される状況でした。大人たちは自身の生活を守るために必死であり、子供たちを保護する余裕はありませんでした。戦争で両親を亡くした戦争孤児たちは、生き延びるために米兵の靴磨きやたばこ拾いといった仕事をしていました。時には犯罪に手を染めることもありました。

しかし、ある出来事をきっかけに彼らは「クリーニング」という仕事に出会います。犯罪ではなく、自分たちの努力で汗を流し、感謝されながらお金を稼ぐことができました。その経験により、彼らは自分たち自身の価値を再発見し、笑顔を取り戻していきました。彼らは自分たちの力で「家を借りて暮らす」というささやかな夢を抱くようになりました。

しかし、現実は彼らにさらなる過酷な試練をもたらしました。彼らの前に立ちはだかる困難に直面しながらも、彼らは勇気を持って立ち向かいました。生きていくために必死に闘い、互いに支え合いながら困難を乗り越えていくのです。

スポーサーリンク

軍港の子 ~よこすかクリーニング1946~あらすじ

戦後の神奈川県横須賀では、米軍の駐留により大人たちはアメリカの意向に振り回され、子供たちを保護する余裕がありませんでした。孤児となった彼らは自力で生き抜くしか道がありませんでした。彼らは米兵の靴磨きやたばこ拾いをしながら、時には犯罪に手を染めることもありました。

しかし、ある出来事をきっかけに彼らは「クリーニング」の仕事に出会います。彼らは犯罪から距離を置き、一生懸命働きながら感謝され、報酬を得ることができました。それによって彼らは自分たちに生きる価値があると感じ始め、笑顔を取り戻していくのです。彼らは自分たちの力で生きていくことを信じ、ささやかな夢である「家を借りて暮らす」ことを思い描くようになりました。

しかしその後、さらに厳しい現実が彼らを襲います。彼らは困難に立ち向かいながらも、勇気を持って戦い続けました。お互いに支え合いながら、生き抜くために必死に努力し、困難を克服していくのです。

スポーサーリンク

軍港の子 ~よこすかクリーニング1946~キャスト・相関図・登場人物

小川今日一(きょういち)(13)役:小林優仁

小林優仁コメント: 「今日一は、昔の人なんだろうか?明日のぼくたちなのではないか?登校する朝、ニュースを目にしたとき、常に怖い考えが頭をよぎります。考えすぎなのか?楽観的でいてよいのか?ぼくたちは、大切な人を守れるのだろうか。この疑問をみなさんと共有したくて、今日一の人生を生きてみることにしました。大河ドラマ『青天を衝け』、朝ドラ『らんまん』で主人公少年時代を演じた経験をいかして、最高のスタッフさんとともに万全の準備をして臨みます。ぜひ、ご覧ください。」

高木誠司(13)役:髙橋來

髙橋來コメント: 「フィリピンで母と姉を失い、日本に引き揚げてきた。街娼の家に出入りし、アメリカ兵の闇取引を手伝うことで日々の糧を得るたくましい少年。」

坂井凪子(12)役:村山輝星

村山輝星コメント: 「裁縫が得意で、責任感の強い少女。幼い子供たちの面倒をよく見る、孤児たちの母親がわり。」

岡田武弘(14)役:原田琥之佑

原田琥之佑コメント: 「孤児たちをまとめあげクリーニングの仕事を軌道にのせようと奮闘する、子供たちのリーダー。」

島田真吉(11)役:岡橋亮汰

岡橋亮汰コメント: 「明るく妹思いなムードメーカー。父親仕込みの料理の腕を振るい、孤児の仲間たちを元気づける。」

西田耕平(11)役:阿久津慶人

阿久津慶人コメント: 「現実主義のしっかり者。生き延びるために自分の意見をはっきりと言い、今日一らと対立することも。」

以上が各役の出演者と、彼ら

 

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.