ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

ドラマ

離婚しない男ネタバレあらすじ1話から最終回まで・原作・相関図・ロケ地のまとめ

投稿日:

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』は、日本エンタメ界を長年牽引してきた鈴木おさむが脚本を手掛け、伊藤淳史が主演を務める地上波連続ドラマの最新作です。

不倫された夫が直面する家族の問題、特に父親の親権獲得の難しさという社会的テーマに焦点を当てながら、ユーモアと深みのある人間ドラマを描いています。

豪華キャストが織り成す感情豊かな演技と、予測不能なストーリー展開が見どころの本作は、リコン・ブラックコメディとして新たな風を吹き込みます。

『離婚しない男』は、家族愛の重要性を問い直し、現代社会における男女の役割や親権問題に鋭い視点を投げかける作品です。

スポーサーリンク

離婚しない男:ドラマの概要と魅力

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』は、鈴木おさむの地上波連続ドラマ引退作として注目されています。

伊藤淳史が主演を務め、不倫された夫(サレ夫)の視点から、親権争いと復讐を描くリコン・ブラックコメディです。

鈴木おさむ特有のユーモアと鋭い社会派テーマが融合し、家族愛や父親の権利に焦点を当てた新しい形のエンターテインメントが展開されます。豪華キャストの演技合戦も見どころで、特に伊藤淳史の深みのある演技がドラマの魅力を一層引き立てています。

離婚しない男篠田麻里子キスシーン舌入れは本当?動画はこちら

スポーサーリンク

離婚しない男1話 2024年1月20日(土)※ネタバレ

2024年1月20日土曜日の夜11時30分から始まる『離婚しない男』の初回放送では、関東新聞の社会部でトップ記者の岡谷渉(演:伊藤淳史)が、偶然にも自身の妻・綾香(演:篠田麻里子)が他の男性とホテルへ入る現場を目撃します。

この出来事をきっかけに、渉は育児に専念するためと称して部署変更を申し出て、在宅勤務に移行します。しかしその真の目的は、綾香からの離婚及び愛する娘・心寧(演:磯村アメリ)の親権を確保することにありました。親権を巡る裁判で有利な立場を確保するためには、養育実績の積み重ねが必要であると考えたのです。

だが、父親の親権獲得率が極めて低いことを知らされ、弁護を拒否されてしまう渉。

そんな彼の前に、財田法律事務所と提携する探偵・三砂裕(演:佐藤大樹)が現れ、一緒に証拠収集を行うことを提案します。綾香の不倫相手である芸能事務所のチーフ・司馬マサト(演:小池徹平)を監視していた裕は、二人が密会する場面を目撃し、尾行を開始。予想外の展開が待ち受ける場所へと彼らが向かう姿を追います。

スポーサーリンク

離婚しない男2話 2024年1月27日(土)※ネタバレ

2024年1月27日の夜11時30分に放送される『離婚しない男』第2話では、伊藤淳史演じる岡谷渉が、妻綾香(篠田麻里子)の不倫問題と離婚を経て、わずか1割という低い確率でしか父親が親権を獲得できないという壁に立ち向かいます。

心寧(磯村アメリ)のために、綾香とその不倫相手である芸能事務所チーフマネージャー・司馬マサト(小池徹平)の関係に挑む渉は、隣のマンションへのマサトの引越しの意図を探ります。探偵三砂裕(佐藤大樹)の助けを借りて二人の密会を自撮り棒で撮影しようとするも、失敗し前歯を失ってしまいます。

一方、綾香は渉への嫌がらせをエスカレートさせ、さらにはマサトとの新生活を目論み、渉から慰謝料を引き出す計画を立てます。

この計画の一環として、彼女は渉が頼る凄腕離婚弁護士・財田トキ子(水野美紀)に接触します。綾香が再びマサトのもとを訪れる中、渉と裕は彼らの不倫の決定的な証拠をつかむべく、盗聴器などの機器を駆使する準備を進めます。

スポーサーリンク

離婚しない男3話 2024年2月3日(土)※ネタバレ

公園で娘・心寧(磯村アメリ演じる)が怪我をした際、夫・岡谷渉(伊藤淳史演じる)に対して厳しく非難する綾香(篠田麻里子演じる)。しかし、渉は綾香の腕に自分が知らない新しいタトゥーを見つけて驚く。その後、綾香は不倫相手の司馬マサト(小池徹平演じる)に、彼らの関係が渉に知られているかもしれないと心配を打ち明ける。しかし、マサトは綾香の懸念を退け、500円玉を使って彼女の右目を覆い、「離婚後の未来が見えないか」と挑発する。彼は綾香に現在の生活が彼女には地味すぎると語りかける。綾香はかつてアイドルデュオ《KOIRAM》のメンバーとして華々しく活動していたが、ある事件をきっかけに活動を自粛し、影のある過去を抱えていた。

一方で、渉は探偵・三砂裕(佐藤大樹演じる)に綾香との出会いやこれまでの経緯を話す。そして、渉と裕は再び離婚問題に長けた弁護士・財田トキ子(水野美紀演じる)を訪ねる。トキ子に自身の甘さを指摘された渉は、感情を抑えきれずに涙する。その頃、綾香とマサトの関係はさらに深まり、過激な展開へと進んでいく。

スポーサーリンク

離婚しない男4話 2024年2月10日(土)※ネタバレ

伊藤淳史が演じる岡谷渉は、自宅のソファで起こっている妻・綾香(篠田麻里子演じる)とその愛人・司馬マサト(小池徹平演じる)の密会の証拠を掴むため、探偵・三砂裕(佐藤大樹演じる)の助言に従い、ソファ下に潜んでカメラ付きの自撮り棒を操る。しかし、綾香がマサトに対して「夫のことは愛していない」と打ち明ける声を耳にし、渉は隠れている場所で静かに涙を流す。

綾香とマサトが去った後、裕は渉を慰め、「よく頑張った」と励ますが、渉は「もう耐えられない」と絶望し、その場を飛び出してしまう。裕が渉を追いかける中、離婚問題に詳しい弁護士・財田トキ子(水野美紀演じる)が現れ、渉に予想外の助言をする。その頃、綾香はマサトに起こった衝撃的な変化に直面する。

離婚しない男低視聴率で打ち切りの可能性を7つの視点で考察

離婚しない男の登場人物・相関図

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』は、家族と愛の複雑な絆を描いたドラマで、各登場人物の深層心理と複雑な人間関係が物語の核となっています。以下に主要な登場人物を紹介し、彼らの関係性を解説します。

岡谷渉/伊藤淳史

岡谷渉は関東新聞社のエース記者で、妻・綾香の不倫をきっかけに、出世を捨てて在宅ワークに転向し、イクメンとしての新たな人生を歩み始めます。彼の行動の背後には、愛する一人娘・心寧の親権を獲得するための計画があります。渉は、綾香の不倫の証拠を集めながら、親権獲得の難しい戦いに挑みます。伊藤淳史は、この複雑な役柄を深い感情表現で演じており、渉の苦悩と決意を見事に表現しています。

司馬マサト/小池徹平

司馬マサトは、業界最大手の芸能事務所ポールサニープロダクションのチーフマネージャーで、渉の妻・綾香の不倫相手です。マサトは、綾香との関係を隠しながら、岡谷家の隣に引っ越してきます。小池徹平が演じるマサトは、その魅力的な外見とは裏腹に、計算高く、目的のためなら手段を選ばない冷酷さを持っています。

三砂裕/佐藤大樹

三砂裕は、財田法律事務所と業務提携している探偵で、渉の不倫調査を支援します。裕は、渉に対して友人のような親しみを持ち、彼の戦いに真剣に取り組みます。佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)が演じる裕は、明るく前向きな性格で、ドラマにユーモアと軽さを加える一方で、渉の心強いサポーターとしての役割も果たしています。

岡谷綾香/篠田麻里子

岡谷綾香は、渉の妻であり、かつてはアイドルデュエットとして活動していたが、現在は専業主婦として生活しています。綾香は、娘を有名子役にする夢を持ちながら、マサトとの不倫に溺れていきます。篠田麻里子が演じる綾香は、その複雑な心情と行動が物語に緊張感をもたらしています。

財田トキ子/水野美紀

財田トキ子は、離婚裁判における親権問題に強い法律事務所の代表弁護士です。彼女は、渉の親権獲得のための厳しい戦いにおいて、現実を突きつける一方で、心寧のために奮闘する渉に次第に心を動かされていきます。水野美紀が演じるトキ子は、ドライながらも情に厚い一面を見せ、物語に深みを加えます。

このドラマは、家族の絆、愛、そして裏切りを巡る複雑な人間関係を描いており、各登場人物の心理的な動きが見所の一つです。相関図を通じて、彼らの関係性がどのように絡み合い、物語が展開していくのかに注目です。

離婚しない男 原作:大竹玲二

人気漫画「離婚しない男」を描いた大竹玲二の作品。家族と社会の繊細な問題をユーモアと深い洞察で描く。

離婚しない男 脚本:鈴木おさむ

日本エンタメ界のトップランナー、鈴木おさむが手掛ける地上波連ドラ最後の脚本。彼の独特の世界観が光る。

離婚しない男 監督:未発表

本作の演出を手がける監督には、鈴木おさむの脚本を最大限に生かすことが求められる。

離婚しない男 離婚しない男:放送日・再放送・見逃し配信

本作は、2024年1月より毎週土曜よる11:30にテレビ朝日系で放送されます。再放送の情報や見逃し配信は公式サイトで確認してください。視聴者は、放送後の見逃し配信サービスを利用して、いつでもどこでも本作を楽しむことができます。

離婚しない男 ロケ地

本作のロケ地には、東京都内の様々な場所が選ばれています。特に、家庭のドラマが展開される岡谷家のマンションや、芸能事務所のシーンで使用されるオフィスビルなど、リアルな現代日本が舞台となっています。

離婚しない男 感想・評価・口コミ

『離婚しない男』は、家族の問題に真正面から取り組みつつ、ユーモアと深い人間ドラマを描き出した作品です。伊藤淳史をはじめとする実力派キャストの演技、そして鈴木おさむの独特な脚本が生み出す、予測不能な展開が視聴者を引き込みます。社会的なテーマに対する深い洞察とエンターテインメントが見事に融合した本作は、多くの視聴者から高い評価を受けています。

離婚しない男 まとめ

『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』は、不倫に直面した父親の奮闘を描いたリコン・ブラックコメディです。主人公・岡谷渉(伊藤淳史)は、妻・綾香(篠田麻里子)の不倫を知り、愛する娘・心寧の親権を獲得しようと決意。しかし、父親の親権獲得率がわずか1割という厳しい現実に直面します。この困難な状況に挑む渉の物語は、鈴木おさむの独特な世界観で描かれ、彼の地上波連ドラ最後の脚本作となります。彼のバディとなる探偵・三砂裕(佐藤大樹)と共に、綾香の不倫の証拠を集め、親権争いに挑む渉の姿は、時にコミカルで、時に感動的。家族愛、父親の権利、そして個人の尊厳をテーマにしたこのドラマは、伊藤淳史の繊細な演技と豪華キャストの共演により、深い感情と社会問題を巧みに描き出しています。『離婚しない男』は、視聴者に家族の絆の大切さと、困難に立ち向かう勇気を伝える作品です。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.