ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

ドラマ

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由のまとめ

投稿日:

スポーサーリンク

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:典型的なキャラクター設定の落とし穴

『好きやねんけどどうやろか』は、コテコテの関西弁を使う肉食系イケメン店主と、真面目なバツイチサラリーマンという、やや典型的なキャラクター設定を持つドラマです。「大阪にて、安くて美味い手作り料理と家庭的な雰囲気が魅力の小料理屋「たまえ」を切り盛りする若き店主」という設定は、以前のドラマで頻繁に見られたステレオタイプなもので、独自性に欠けると感じられるかもしれません。また、「コテコテの関西弁を使う」という点も、地域色を強調しすぎることで、物語の普遍性を損なう恐れがあります。これらの要素は、物語の新鮮さを奪い、視聴者に「またか」という感覚を与える可能性があるため、つまらなく感じられるかもしれません。

スポーサーリンク

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:一目惚れの古典的展開

このドラマのあらすじは、一目惚れという古典的な恋愛展開に基づいています。「初めて店を訪れた曽我の一挙手一投足から目が離せない栄枝」というシーンは、過去の多くのドラマで使用された定番のパターンです。このような即時的な恋愛展開は、予測可能であり、視聴者に新鮮さを感じさせない可能性があります。特に、豊かな感情表現や複雑な人間関係を求める現代の視聴者にとっては、このような単純なストーリーラインはやや古臭く、つまらないと感じられるかもしれません。

スポーサーリンク

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:予測可能なキャストの使用

『好きやねんけどどうやろか』のキャスト選定は、予測可能な範囲内に留まっているように見えます。「東京から大阪に転勤してきた営業マン。すらりとしたメガネ男子」という曽我のキャラクターは、典型的なイケメンサラリーマンのイメージを反映しており、これまでの多くのドラマで見られる典型的な役割です。このようなキャスト選定は、物語に深みを加えることができず、視聴者にとって新鮮さを欠き、つまらないと感じる要因になり得ます。現代のドラマでは、より複雑で多様なキャラクターが求められており、このドラマはその期待に応えるには至っていない可能性があります。

スポーサーリンク

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:繰り返されるドラマのパターン

『好きやねんけどどうやろか』は、恋愛ドラマとしては既視感のあるパターンに沿っています。特に、「一目惚れをしてしまい…」のような展開は、恋愛ドラマの古典的なテーマですが、これは同ジャンルの他作品で頻繁に扱われてきたものです。このような既存のパターンの繰り返しは、視聴者に新しい驚きや発見を提供せず、つまらないと感じられる可能性があります。ドラマの魅力はその予測不可能性にあるため、『好きやねんけどどうやろか』はこの点で失点となり得ます。

スポーサーリンク

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:地域色の強調とその限界

ドラマは「コテコテの関西弁を使う」といった地域色を前面に押し出していますが、これが物語の普遍性を損ねる可能性があります。地域色は確かに物語に独特の魅力を加える要素ですが、それが強すぎると他地域の視聴者が感情移入するのが難しくなることもあります。また、関西弁や大阪の下町を舞台にしたストーリーは、過去の多くのドラマで使われてきたテーマであり、つまらないと感じる視聴者もいるかもしれません。したがって、『好きやねんけどどうやろか』は、地域色をどの程度取り入れるかが重要なポイントとなります。

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:過度なキャラクターの典型化の問題

『好きやねんけどどうやろか』のキャラクター設定は、過度に典型化されていると感じる視聴者もいるかもしれません。例えば、「コテコテ関西弁肉食系イケメン」と「真面目なバツイチサラリーマン」というキャラクターは、ドラマの中でよく見られる定型的な役割です。これらのステレオタイプなキャラクター設定は、物語の奥深さやキャラクターの多面性を損ない、視聴者にとってつまらないものとなる可能性があります。より複雑でリアルな人物像を求める視聴者には、このような一面的なキャラクターは物足りないと感じられるでしょう。

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由:予測可能な展開とストーリーライン

『好きやねんけどどうやろか』のストーリーラインは、予測可能な展開に基づいている可能性があります。「東京から大阪に転勤してきたサラリーマン」と「小料理屋で働くイケメン店主」という設定は、恋愛ドラマでは頻繁に用いられるものです。このような予測可能なストーリー展開は、視聴者に新鮮さを提供することが難しく、つまらないと感じられる可能性があります。特に、意外性や複雑な人間関係を好む現代の視聴者にとっては、このドラマは物足りなく感じられるかもしれません。ドラマの面白さは、予測不能な展開や深いキャラクターの掘り下げにあるため、『好きやねんけどどうやろか』はこの点で視聴者を満足させることができるかがカギとなります。

好きやねんけどどうやろかがつまらない理由のまとめ

『好きやねんけどどうやろか』は、大阪の下町を背景にした恋愛ドラマでありながら、いくつかの理由で「つまらない」と感じられる可能性があります。まず、キャラクター設定において、肉食系イケメン店主と真面目なバツイチサラリーマンという、ステレオタイプな役割が選ばれています。これはドラマの多様性や奥深さを損ね、一面的な人物像となり得るため、視聴者にとって新鮮さを感じさせない点です。さらに、物語の展開は予測可能であり、一目惚れや地域色の強調などは、既存のドラマパターンを踏襲しているという印象を与えます。

また、地域色の過度な強調は、他地域の視聴者が感情移入することを難しくする可能性があります。関西弁の使用や大阪の下町という設定は、物語に特定地域の雰囲気を加える一方で、普遍的な魅力を減少させることも。このように、『好きやねんけどどうやろか』は、典型的なキャラクター設定や予測可能なストーリーライン、地域色の過度な強調など、視聴者の期待を満たす新鮮さや深みを提供する点で課題を抱えています。これらの要素が、視聴者にとってドラマの魅力を損ねる原因となり、つまらないと感じられる理由となっているのです。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.