ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・実況中継2024

ドラマ

おっさんずラブ-リターンズつまらない・面白くないと言われる理由

投稿日:

『おっさんずラブ-リターンズ-』では、春田創一(田中圭)と牧凌太(林遣都)の結婚生活が中心に描かれます。春田は、部下の育成に奮闘する一方で、完璧主義者の新武川部長や自由な部下たちとの関わりに悩む日々を送ります。一方、牧はホテルリゾート本部の課長として忙しく働きながらも、春田との共同生活に喜びを見いだします。しかし、生活の中で価値観の違いや共同生活の難しさに直面し、二人の関係には新たな試練が訪れます。一方で、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は「ばしゃうまクリーンサービス」で家政夫として新たなキャリアをスタートし、春田と牧の新居にも頻繁に現れ、彼らの生活に影響を与えることになります。

スポーサーリンク

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由1:ストーリーの繰り返し

『おっさんずラブ-リターンズ-』が「つまらない」と感じられる最大の理由の一つは、ストーリーが前作の繰り返しになっている点です。視聴者は新しい展開やサプライズを期待していましたが、続編では既存のキャラクター間の関係や状況が再利用され、新鮮味を欠いていると感じられます。特に、主要な三角関係のドラマチックな展開が前作と似通っているため、物語の予測可能性が高まり、視聴者の興味を引きつけることが難しくなっています。

スポーサーリンク

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由2:キャラクターの魅力不足

次に、「つまらない」との声が上がる理由の一つとして、キャラクターの魅力不足が挙げられます。前作では各キャラクターが独自の魅力を放っていましたが、続編ではそれぞれのキャラクターの成長や深みが感じられず、表面的な描写に留まっているという印象を受ける視聴者がいます。特に、新たなキャラクターに深いバックストーリーや魅力的な個性が欠けていると感じられることが、ドラマの魅力を減少させていると言えます。

スポーサーリンク

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由3:予測可能な展開

最後に、『おっさんずラブ-リターンズ-』が「つまらない」とされる理由として、予測可能な展開が挙げられます。視聴者は物語にサプライズや新しい展開を期待していますが、続編では予測可能な展開が多く、サプライズや新鮮な展開が不足しています。特に、恋愛関係の進展やキャラクター間の衝突が、視聴者の予想通りに進むことが多く、ドラマとしてのスリルや興奮が不足していると感じられます。

スポーサーリンク

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由4:新要素の不足

「つまらない」との声が上がる別の理由は、新要素の不足です。続編には、新しいキャラクターや舞台設定、物語の展開に新鮮さを加える機会がありますが、『おっさんずラブ-リターンズ-』ではこれらの要素が十分に取り入れられていないと感じられています。特に、前作で築き上げられたファンの期待に応えるために、既存のキャラクターや物語の枠組みに頼り過ぎていると感じられ、物語の展開やキャラクターの関係に新たな要素や驚きが不足しています。

スポーサーリンク

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由5:感情移入の難しさ

また、「つまらない」と感じられる理由の一つとして、視聴者の感情移入の難しさが挙げられます。ドラマの成功には視聴者がキャラクターの感情や状況に共感し、感情移入できることが不可欠ですが、『おっさんずラブ-リターンズ-』ではキャラクターの内面的な葛藤や心情が十分に描かれていないため、視聴者がキャラクターの動機や行動に共感しにくい状況が生まれています。特に、登場人物の心理的な成長や変化が浅く、キャラクターに深い感情を抱くことが難しいという意見があります。

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由6:演出の単調さ

「つまらない」と感じられる理由の一つに、演出の単調さが挙げられます。『おっさんずラブ-リターンズ-』では、視聴者を引き込むための演出や視覚効果が足りないという意見があります。特に、前作のユニークな演出スタイルや視覚的なサプライズがファンに好評だったのに対し、続編ではこれらの要素が抑えられ、物語の進行が従来のドラマティックな演出に依存しているため、新鮮さや興奮を感じにくいと感じられています。

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由7:予期せぬキャストの変更

さらに、予期せぬキャストの変更も「つまらない」との評価を受ける理由です。続編では、一部のキャストが前作と異なる役割や新しいキャラクターとして登場していますが、これがファンの期待と異なる方向へ進んでしまった可能性があります。視聴者は前作で築き上げられたキャラクターとのつながりや進展を期待していたため、新しいキャストや役割の導入によって、物語への没入感やキャラクターへの感情移入が困難になっていると感じられています。

おっさんずラブリターンズがつまらないと言われる理由まとめ

『おっさんずラブ-リターンズ-』は、前作の魅力を引き継ぎつつ、新たな試練と成長を描く作品です。春田と牧の新婚生活は、幸せと同時に現実の問題に直面し、二人の関係はより深い絆で結ばれていく過程が描かれます。しかし、ストーリーの繰り返しやキャラクターの魅力不足、予測可能な展開により、一部の視聴者からは新鮮味に欠けるとの評価も。また、演出の単調さや予期せぬキャストの変更が物語の没入感を損なう要因となっています。新要素の不足や感情移入の難しさも、視聴者の期待に応える点で課題があります。全体として、『おっさんずラブ-リターンズ-』は前作のファンには懐かしさを、新規の視聴者には新しい魅力を提供する一方で、いくつかの点で物足りなさを感じさせる結果となりました。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・実況中継2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.