ドラマ口コミ・評判

ドラマ深堀り・ネタバレ2024

ドラマ

となりのナースエイドあらすじネタバレ・相関図・原作・脚本・放送日のまとめ

投稿日:

2024年1月に日本テレビ系列で放送開始となる『となりのナースエイド』は、医療界のリアルと人間ドラマを巧みに描いた医療サスペンスです。

知念実希人の同名小説を原作に、新人ナースエイドの桜庭澪と天才外科医・竜崎大河の成長と挑戦を中心に展開します。実力派俳優陣の熱演と医療現場の厳しい現実が見事に融合したこのドラマは、視聴者に深い感動と洞察を与えること間違いなし。放送前から高い期待を集める本作の魅力に迫ります

スポーサーリンク

『となりのナースエイド』ドラマ概要

『隣のナースエイド』は、看護助手として勤務する主人公が、謎多き魅力的な天才外科医との運命的な出会いを通じて、自己の存在意義と生き方を見つけ出す、独特な病院生活ドラマです。この物語では、彼女が直面する意外な真実とは何かに焦点を当てています。

患者の生命を救うことはできず、医師の支援を行うわけでもないが、患者の日々の生活に寄り添い、その心を癒やすことに尽力するナースエイドの存在が描かれています。彼らの主な業務は、食事の準備、排泄の手伝い、入浴の補助、衣類の着替えといった、医療行為以外の患者の日常生活のサポートです。これらの業務を通じて、ナースエイドは患者と最も個人的な時間を共に過ごします。特別な資格を必要としないこの仕事は、医療の専門知識がない人でも担うことができます。

物語は、「もし医師が患者の体を治療するプロフェッショナルなら、ナースエイドは患者の心を癒やすプロフェッショナルだ」という考えを軸に展開します。主人公の桜庭は、病院内で起こる様々な問題、患者たちの仕事、恋愛、家族関係などに立ち向かい、解決に導いていきます。

スポーサーリンク

となりのナースエイド1話ネタバレ(2024年1月10日)

2024年1月10日放送の「くせ者ナースエイド誕生!」では、星嶺医科大学付属病院の統合外科に新しく配属された桜庭澪みお(川栄李奈)が、その勤務初日から波乱を巻き起こします。病院に到着するなり、外来の患者を医師に急いで診察するよう促し、その行動でベテランのナースエイド片岡晴美(水野美紀)から叱責される事態に。澪のこの行動は、医療の現場でのルールに反するものでした。

ナースエイドとしての業務は多岐にわたり、澪はその仕事の厳しさに直面します。同時に、彼女は看護師や医師からも「めんどくさいナースエイド」と見なされ、特に外科医猿田弥彦(小手伸也)からは辛辣なコメントを受けます。しかし、澪が最も楽しみにしていたのは、統合外科に所属する天才外科医竜崎大河(高杉真宙)との仕事でした。だが、大河の患者に対する冷徹な態度に失望し、澪は彼に抗議しますが、大河は澪の意見を一蹴します。

病院から逃げ出した肺癌患者・早乙女寛治(梶原善)のエピソードは、澪の医療現場での挑戦をさらに複雑にします。寛治の自暴自棄な行動や、彼の妻・美恵子との間の誤解を、澪は解決に導きます。寛治の治療代を稼ぐために美恵子が苦労していた真実を知り、澪は大河に寛治の手術を懇願します。

大河が寛治の手術を成功させた後、澪は自らも「人殺し」という衝撃的な過去を抱えていることを明かします。澪の過去と、彼女がナースエイドとしてどのように前進していくのか、その謎が深まる一方です。

スポーサーリンク

となりのナースエイド2話ネタバレ(2024年1月17日)

2024年1月17日放送の第2話「モンスターナースエイドVS超わがままVIP患者!」では、桜庭澪みお(川栄李奈)が、連続して患者の命を救うことで、天才外科医竜崎大河(高杉真宙)にその正体を疑われる展開が描かれます。自らを「人殺し」と称する澪の冗談に、大河は納得がいかない様子を見せます。

その後、澪の英雄的行動が看護師たちの間で急速に広まり、彼女は周囲から距離を置かれる「モンスターナースエイド」と見なされます。この状況の中、星嶺医大の豪華な特別個室には、わがままなインフルエンサー、高梨萌もえ(恒松祐里)が入院しており、大河が彼女の担当医に指名されます。膵臓ガンを患っているにも関わらず、萌は手術を受けることを拒否し続けます。

澪は、萌を説得する任務を大河から任され、彼女が心を開いて手術を受け入れる方法を模索します。一方、大河は日本で初めての小児心肺同時移植手術を成功させる快挙を成し遂げますが、萌の説得に苦悩します。萌が手術を拒否する真の理由は、女優としての夢と彼女の体に残る傷痕の懸念にありました。

最終的に、澪は大河にロボット手術を提案し、彼女は手術を受けることに同意します。手術は成功し、萌の夢は守られます。その後、澪は大河に対し、自分と姉の過去、そして「人殺し」と自称した真相を明かします。一方で、澪の部屋は不在の間に荒らされ、重要な物が盗まれる事件が発生します。

スポーサーリンク

となりのナースエイド3話ネタバレ(2024年1月24日)

2024年1月24日に放送された第3話「明かされる衝撃の過去」では、澪みお(川栄李奈)が大河たいが(高杉真宙)にこれまで語られなかった自身の過去を明かします。亡くなった姉・唯ゆい(成海璃子)に関する痛みを抱え、人から“人殺し”と呼ばれた背景と、星嶺医大のナースエイドとして何故働き始めたのかが語られます。

その後、澪が帰宅すると、自室が荒らされており、特にノートPCが盗難にあったことに気づきます。警察の調査により部屋に入れなくなった澪は、隣人である大河の部屋で一晩を過ごすことになります。

翌日、この出来事がナースエイド部屋で話題となり、晴美はるみ(水野美紀)や夏芽なつめ(吉住)はこのラブコメ展開に興味津々ですが、澪に好意を寄せる相馬そうま(矢本悠馬)は落ち着かずにいます。

その夜、居酒屋『乙女』での一同の集まりで、相馬の大学時代の友人、内藤雄二(戸塚純貴)と偶然再会します。内藤は以前交際していた伊織いおり(浅川梨奈)と破局しており、その話題になると突然感情を爆発させ、愛の告白を叫びます。この突然の変貌に相馬は呆然とします。内藤は後に、自分の記憶にないことをしたと告げ、最近同様の出来事が職場でも起きていたことを明かします。星嶺医大で受けた検査の結果は彼にとって衝撃的なものでした。

さらに、澪の前には姉の死に深く関わる謎の人物が現れ、物語に新たな展開が生まれます。

スポーサーリンク

となりのナースエイド4話ネタバレ(2024年1月31日)

2024年1月31日に放映された『隣のナースエイド』第4話「登場!個性的な新キャラクター」では、川栄李奈演じる澪が、成海璃子扮する姉・唯の死が他殺の可能性があることを知らされます。この情報は、唯の元恋人であり刑事の橘たちばな(上杉柊平)からのものでした。橘によると、唯は生前、危険人物である辰巳浩二(半グレ集団のリーダー)について調査しており、その過程で命を落とした可能性が高いとのこと。この衝撃的な事実に、澪は混乱し、途方に暮れます。

そんな中、澪の前に新しい強烈なキャラクター、火神ひがみ(古田新太)の娘、玲香(瀧本美織)が現れます。美しく、外科医としても一流の腕を持つ玲香は、かつて大河と関わった“ある事件”で病院内で伝説的な存在になっていました。玲香は澪に興味を持ち、彼女が抱える秘密や、PTSDについても知っている様子。そして澪は知らず知らずのうちに、玲香の“驚くべき計画”に巻き込まれてしまいます。

ネタバレ情報によると、澪は玲香に大河との関係を問い詰められますが、玲香は澪をオームスプロジェクトの適応候補として見ており、そのことについて父・火神と議論を交わします。一方、澪は橘に唯のノートPCを渡し、辰巳に関する重要な情報が含まれているかもしれないと考えます。

大河の居場所と唯の死の真相を追う澪は、屋敷を訪れる決心をしますが、そこで意外な人物、大河と遭遇します。そして、澪と大河は一緒に行動するうちに、お互いの夢や目標、そして唯の死について深く語り合います。最終的に、澪はPTSDを克服し、救急事態に対応することで、自信を取り戻す一歩を踏み出します。

このエピソードは、澪の成長と彼女を取り巻く人々との関係、そして姉の死の真相に迫る謎解きが交錯する、急展開の物語です。

となりのナースエイド5話ネタバレ(2024年2月7日)

2024年2月7日放送の『隣のナースエイド』第5話「驚愕!隠された大河の素顔」では、川栄李奈扮する澪が、姉の命を奪ったと疑われる男、やべきょうすけ演じる辰巳の隠れ家とされる山中の邸宅で、高杉真宙が演じる大河の姿を偶然目撃します。この邸宅が辰巳に関連していることは、上杉柊平演じる刑事・橘の捜査によって確かめられました。だが、大河がそこにいる理由は謎に包まれています。この発見は、澪を大きく動揺させ、仕事中も患者への対応が散漫になり、大河への態度も変わってしまいます。

その一方で、古田新太演じる火神は、自ら開発したオペレーションシステム『オームス』の実用化を目指しています。このシステムは、魔病シムネスに対抗できる唯一の武器として、火神は『オームス』の適応者を探し求めていました。しかし、その高度な技術を使いこなせる者は極めて限られており、大河でさえも完全には扱えず、適応者を見つけることができずにいます。

ナースエイドの控室では、吉住演じる夏芽が、澪に好意を持つ矢本悠馬扮する相馬をからかい、ついには告白するよう促します。水野美紀が演じる晴美は、最近遅くまで帰宅する息子のことで心配し、澪は大河と辰巳の関係について頭がいっぱいです。

澪は、朝早く車で出かける大河を尾行し、彼女がたどり着いたのは衝撃的な光景でした。姉の死の謎を追う澪に、予期せぬ事態が次々と起こります。

ネタバレ情報によると、『オームス』は、新型の火神細胞に微細なバイオコンピューター回路を組み込み、外部からの刺激で制御する技術でした。この画期的なシステムを使用し、腫瘍を一掃する計画でしたが、オームスを操作することは使用者に大きな負担を与え、実用化には至っていませんでした。

最終的に、澪は大河が辰巳とつながりがあることを知り、辰巳が大河の患者であること、さらに辰巳の娘が重病であることを知らされます。辰巳の娘の救命手術を控え、澪は葛藤の末、手術に参加することを決意します。

手術当日、計画は予期せぬ方向に転がりますが、澪は大河と共に困難に立ち向かい、手術は成功します。しかし、その過程で澪は、大河が手術を引き受けた真の理由を知り、さらに深い謎に巻き込まれていきます。そして、澪が晴美から受け取ったGPSを使い、辰巳を逮捕することに成功しますが、唯の死についての真実は依然として明らかにならず、新たな謎が澪を待ち受けていました。

となりのナースエイド6話ネタバレ(2024年2月14日)

2024年2月14日に放送される『隣のナースエイド』第6話「不滅の疑念と謎の加速」では、川栄李奈演じる澪が設置したGPS追跡を手掛かりに、上杉柊平扮する橘がやべきょうすけ演じる辰巳を拘束する。しかし、調査の結果、辰巳が澪の姉、成海璃子演じる唯の死に関与していないことが明らかになる。唯の死は自殺だったのか?この結果に複雑な感情を抱える澪に対し、橘は他殺の可能性をまだ捨てていないと伝え、唯のノートパソコンに残されていた1枚の写真を見せる。その写真には、高杉真宙が演じる大河の姿が。さらに、唯のノートパソコンには星嶺医科大学の統合外科に関する多数の資料が残されていた。唯はなぜ大河を調査していたのか?その理由を突き止めようとする澪は、大河を『乙女』という居酒屋に呼び出し、直接質問する。「あなたが私の姉を殺害したのですか?」と。

一方、水野美紀演じる晴美は、息子で星嶺医科大学に通う照希(兵頭功海演)が相談もなく退学届を出したことにショックを受ける。「どうしてこんなことになったの?母は納得できない!」晴美が理由を尋ねても、照希は「干渉するな」と言って話し合いを拒否する。ただ反抗するだけでなく、勝手に退学届を提出するなど、照希の考えが理解できずに困惑する晴美は、照希が尊敬する大河に接触し、大学を辞めないよう説得を試みるが、その最中に照希の健康状態に異変が生じる。

唯が大河について調査した理由とは何か?謎に包まれた大河の真の姿とは何か? そして、澪を驚かせる「予想外の真実」が明らかになり、謎は更に深まる。

となりのナースエイド7話ネタバレ(2024年2月21日)

『隣のケアメイト』 「急転直下!意外な素顔を持つキャラクターたち!」 2024年2月21日 放送予定

桜庭澪(演:川栄李奈)は、ある衝撃的な事実を知り動揺する。それは、自分が先輩のナースエイド、晴美(演:水野美紀)によって監視されていたというもの。この監視行為の背後には誰がいて、何を目的としているのか?その真相を探るべく、澪は大混乱に陥る。そんな時、彼女のもとに大河(演:高杉真宙)が駆けつけ、「落ち着いて考えよう」と声をかける。彼の推理によれば、晴美が澪を監視するよう命じたのは、澪の姉、唯(演:成海璃子)を殺害した犯人だった。犯人は、唯が手にしていた重要なデータを奪い返すために、晴美を使い澪の部屋からノートパソコンを盗ませたのだ。「お前の姉を殺した者は、この病院内にいる」と大河は断言する。澪は警察に頼むべきだと考えるが、晴美を犯罪者として扱いたくない一心で、自ら真実を解き明かそうと決意する。

その頃、澪の同僚である相馬(演:矢本悠馬)が助けを求めてくる。彼が担当する交通事故で負傷した高校生、香澄(演:上坂樹里)が、手術を受ければ回復する見込みにも関わらず、彼の声掛けに一切反応を示さないのだ。澪も女性として香澄に接近するが、彼女はただ窓の外を眺めるだけで何も語ろうとはしない。この状況に頭を悩ます澪と相馬。しかし、夏芽(演:吉住)は「そのままにしておけばいい」と関心を示さない。意外にも、香澄は夏芽だけに話をしたがり、「2人きりで話がしたい」と彼女を呼び止める。

口を閉ざす患者が唯一心を開いた夏芽の秘密とは何か?そして澪は晴美を監視に使った真犯人を突き止め、これまで見落としていた衝撃の事実に直面することになる…。

となりのナースエイド登場人物とキャスト

  • 桜庭澪(川栄李奈): 星嶺大学医学部附属病院の新人ナースエイド。
  • 竜崎大河(高杉真宙): 技術至上主義の外科医。 他にも多くの魅力的なサポートキャラクターが登場し、彼らの人間関係がドラマを豊かにしています。

となりのナースエイド原作、脚本、監督

原作: 知念実希人。彼の深い人間洞察が物語に厚みをもたらしています。 脚本: オークラ。ドラマティックで心に響く台詞が特徴です。 監督: 内田秀実、今和紀。彼らの繊細な演出が物語に生命を吹き込んでいます。

となりのナースエイド放送日、再放送、見逃し配信情報

『となりのナースエイド』は、2024年1月10日から日本テレビ系列で毎週水曜22時から放送されます。再放送や見逃し配信の詳細は、放送局の公式サイトで確認できます。

となりのナースエイドロケ地紹介

ドラマのロケ地は、都内の病院やその周辺地域で撮影されています。これらの場所は、物語にリアリティと親近感を与えています。

となりのナースエイド感想、評価、口コミ

放送前のため、具体的な感想や評価はまだありませんが、原作の人気と実力派のキャストが集結したことで、放送前から高い期待が寄せられています。

となりのナースエイドまとめ

『となりのナースエイド』は、2024年1月から日本テレビ系列で放送される医療サスペンスドラマです。原作は知念実希人の同名小説。物語の舞台は星嶺大学医学部附属病院で、主人公は新人ナースエイドの桜庭澪と技術至上主義の外科医・竜崎大河。彼らの成長と医療現場の厳しい現実、人間関係の複雑さが描かれています。桜庭澪は、半年前の事件をきっかけにナースエイドを志し、病院内でのさまざまな挑戦に直面します。竜崎大河は天才的な技術を持つが、その性格が周囲との対立を引き起こすことも。このドラマの見どころは、主人公たちの内面的な成長と、彼らが直面する医療倫理や感情的な課題です。キャストには川栄李奈や高杉真宙など、実力派の俳優が名を連ねており、彼らの演技が物語に深みを加えています。放送は毎週水曜22時からで、再放送や見逃し配信の情報は放送局の公式サイトで確認できます。ドラマのロケ地は都内の病院やその周辺で、リアリティある背景が物語に迫力を与えています。原作の人気と豪華キャスト、実力派のスタッフによる制作で、放送前から既に高い期待が寄せられており、放送開始が待ち遠しい作品です。

スポーサーリンク
  • この記事を書いた人

管理者ドラマニ

テレビドラマ考察白書2023は、2023年に放送されたテレビ、ドラマ、映画ネタなどの個人的な感想・考察をズバッと記事投稿しているブログです。 テレビ離れが進んでいますが、日本のドラマはまだまだ魅力的なドラマ、映画、テレビ番組など沢山あります。 このブログでは、さまざまなドラマ、映画、テレビ番組を独自の視点で考察しています。

-ドラマ

Copyright© ドラマ深堀り・ネタバレ2024 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.