大明日2022-2023友引・母倉日・神吉日・天恩日・不成就日重なる日・読み方をご紹介

暦の上でよく出てくるのが大明日です。

吉日とは知っている方も多いとは思いますが、一体どんな日なのか?どんな吉日なのか?2022-2023年で大明日はいつなのか?また、友引・母倉日・神吉日・天恩日とはどう違うのか?不成就日重なる日はあるのか?など気になる方も多いと思います。

ここでは、大明日の読み方も含め分かりやすく解説致します。

大明日とは?読み方は?

大明日とは、だいみょうにち 読みと読みます。

大明日は、暦の暦注下段(れきちゅうげだん)に書かれている七箇の善日(ななこのぜんにち)の一つで吉日です。

歴注下段は、暦の上でその日の運勢、吉日や凶日などが書かれている場所になります。

大明日は、幸運が訪れる日でもあります。

2022-2023大明日意味は?どんな吉日?

大明日(読み方:大明日)の意味は、天と地が開き、日の当たらなかった場所の隅々まで光が当たる日という意味になります。

主に、隅々まで太陽の光があたるという意味からも、すべての行いに太陽の恵みの恩恵を受けられる日と解釈されています。

そのため、将来に続く明るい日、入籍、結婚、転勤、契約、新築、旅行、引越しなどに適している日と言われています。

大明日はどのようにきまるか?

大明日はどのようにきまるのでしょうか?

大明日は、25の干支によって決まり、他の吉日よりも頻度が高く訪れる日となっています。

大明日2022-2023

では大明日2022年~2023年をご紹介します。

2022-2023大明日と天恩日が重なる日は?

大明日(大明日)は暦の上では、歴注下段の七箇の善日(ななこのぜんにち)になりますが、同じ歴注下段にある天恩日と重なる日はあるのでしょうか?

天恩日は、天から恩恵を受けられる吉日でもありますので、大明日と天恩日が重なれば運勢は非常にいい日となります。

ここでは、大明日と天恩日が2022-2023の中で重なる日をご紹介いたします。

2022-2023大明日と神吉日が重なる日は?

大明日、天恩日と同じく七箇の善日の中で運気がいいの神吉日です。

神吉日とは、その名のとうり神の吉日と呼ばれ、神から恩恵を受けられる日と言われいます。

大明日と神吉日が重なれば非常に幸運な人言えます。

ここでは、大明日と神吉日が重なる日2022-2023をご紹介いたします。

2022-2023大明日と母倉日が重なる日は?

大明日は、非常に運気が良い日とされ、太陽の恵みの恩恵を受けられる日といわれていますが、七箇の善日の中で、母倉日(ぼそうにち)と重なる日はあるのでしょうか?

母倉日も七箇の善日のひとつであり、その名のとうり、母親が子供を育て愛情をはぐくむように、天が人を慈しむという意味に吉日です。

母倉日新しいことを行うのによい吉日とされていますが、大明日と重なる日はあるのでしょうか?

ここでは、大明日と母倉日が重なる日をご紹介いたします。。

2022-2023大明日と不成就日が重なる日は?

大明日は、七箇の善日の中で吉日として有名ですが、天赦日(てんしゃにち/てんしゃび)と重なる日はあるのでしょうか?

天赦日は日本の暦の中で最上と呼ばれる吉日で年に数日しか訪れない吉日です。

大開運日と呼ばれ、神様が天の上り、すべての行いを許す日とされています。

ここでは、大明日と天赦日が重なる日をご紹介いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました